🚄 パリから地方へ / SNCF(フランス国鉄)の「新しくなった自動券売機」でチケット(切符)を購入してみる。<買い方の手引き> 【フランス旅】

以前 書いていた フランスやイタリアの 旅ブログ “お気軽フォトエッセイ『フライタ!』" コンテンツの中で、最もアクセス数の多かったのが、レンタカー旅での「市街地の路上駐車について」の考察でした。

そして、次に多かったのが こちら。
「SNCFの自動券売機」の使い方を 手引きっぽく紹介したページでした。

そこで「路上駐車」話 に続き、「SNCFの自動券売機」話 についても、こちらのサイトの「旅のお役に立てるかも情報」欄に掲載いたします。

旅慣れた方には全く必要ないと思いますが、これから 少しずつフランスを楽しんでいくぞ~! という方のお役に立てれば 幸いです。

 

フランス国鉄SNCF自動券売機

Gare Saint-Lazare, Paris

 

パリから地方へ鉄道を使って行く場合、
もちろん切符(チケット)を購入することになるのですが、「切符売り場」が異様に混んでいることがあります。

たくさんの お客さんが 押し寄せているのに、開いている窓口が少ない! ってことが 原因になっていることがよくあるのですが、そんなとき便利なのが「切符の自動券売機」。

 

〈左〉2015年 サン・ラザール駅の券売機 /〈右〉2013年 北駅の券売機

 

数年前、それぞれの駅に、緑や黄色の自動券売機が並びだし、
「へー、新しい券売機ができたんだぁ。便利だし、カラフルでいいなぁ・・・」などと思っていたら、いつの間にか それらも撤廃され、2018年の今は、更に新しい ツートンカラーの 少々事務っぽいというか、ロボットっぽい・・・シュっとしたデザインのマシンが並ぶようになりました。(冒頭写真/次の写真 を参照)

そこで・・・
パリから、ノルマンディーの エヴルー(Évreux)という町へ行く際、「新しい自動券売機」を使ってみましたので、ちょっと「手引き」っぽく紹介してみようと思います。
(2017年12月のことです)

 

SNCF(フランス国鉄)の「GRANDES LIGNES」用券売機で、切符(チケット)を買ってみる

それでは、翌日の朝 発 Paris → Évreux の チケットを買ってみます。

 

 

まず はじめに、どの券売機を使うか判断します。

ご覧のように 2種類の券売機がありますので、それぞれの機械の 左上あたりに記されている文字を確認してみましょう。

左側奥に見える券売機には「ILE-DE-FRANCE(イル・ドゥ・フランス)」とあります。
パリを含む「イル・ドゥ・フランス(Île-de-France)地域圏」の町々へ向かう「近距離路線」を利用するには、こちらのマシンを使います。

右手前の券売機には「GRANDES LIGNES(グランド・リーニュ)」とあります。
この言葉からも想像がつきますが、こちらは「長距離路線」の切符を扱っています。

これから向かう「エヴルー」は、パリから90㎞弱と それほど遠い町ではないのですが、位置的にはノルマンディー地域圏(La Normandie)に属しています。
そのため、パリから 地方へ行く列車を扱う「GRANDES LIGNES」でチケットを求めることになります。

 

ノルマンディー地方の地図

サン・ラザール駅の「GRANDES LIGNES」発着用プラットホームの近くには、
「ノルマンディー」地方の大きな絵地図が設置されています。
「これらの町へ行くには、この駅が起点ですよ」といった感じ ですね。

 

ちなみに、冒頭写真を見ると、近距離用と長距離用の2種類の券売機が並んで設置されていますが、駅構内の 場所によっては「近距離路線用」券売機ばかりが、また逆に「GRANDES LIGNES」(長距離用)の券売機ばかりが 並んでいるところがあります。

「GRANDES LIGNES」を使おうと駅に来たのに、該当する券売機が見当たらなくて、あたふたする人も いるかもしれませんが 心配はいりません。

サン・ラザール駅で言えば、2018年現在、駅正面から構内に入ると、左側に並ぶ若い数字のプラットホームが ILE-DE-FRANCE(イル・ドゥ・フランス)へ向かう列車の発着に使われています。(※変わることがありますのでご注意ください。)
そのため、駅構内の左側(西側)あたりには「近距離路線用」券売機が多く並んでいます。

反対に、構内右側(東側)あたりには、「GRANDES LIGNES」の券売機が多く、駅の中央あたりには、冒頭写真のように 両タイプの券売機が ミックス状態で 並んでいます。

したがって、自分が利用するプラットホームがどちら側にあるかを確認すれば、簡単に該当する券売機を見つけることができます。

なお、マシンの右上に「グリーン」のランプが灯っていますが、このランプが「赤」になっているものが よくあります。
その券売機は「休止中」で使えません。

 

「チケット購入」手順 を 自動券売機の画面に沿って ご案内

それでは、自動券売機の画面を見てみましょう。

 

 

▲ 最初の画面です。
まず、上段左側の「Acheter un billet」(アシュテ・アン・ビエ / 切符を買う)をタッチします。

 

 

▲ すると、次の画面で、
Quand souhaitez-vous partir ?(いつ出発したいですか?)と聞いてきます。

「すぐに出発したい場合」は左側のタイルをタッチしますが、ここでは、翌日出発のチケットを購入するため、右側のタイルをタッチします。

[左のタイル]
Partir maintenant / Départ de cette gare
今すぐ出発 / この駅から出発

[右のタイル]
Partir à un autre moment
(今ではなく)別の機会に出発

 

 

▲ Identifiez-vous et gagnez un temps précieux !(身分証明で時間短縮を!)
とありますが、
私たち日本人旅行者は 右のタイル 「Continuer sans m'identifier」(身分証明なしで続ける)をタッチします。

 

 

▲ D'où partez-vous ?(どこから出発しますか?)の質問に対し、この券売機が設置されている サン・ラザール駅 から出発しますので、左のバナー「PARIS ST LAZARE」をタッチします。

右のバナー「AUTRE(その他)」は、他の駅から出発するチケットを 購入する場合に選択します。

 

 

▲ Vous partez de Paris St. Lazare(あなたはパリ、サン・ラザール駅から出発します)
Où allez-vous ?(どこに行きますか?)

前画面で「サン・ラザール駅から出発する」と答えているので、サン・ラザール駅から出発した場合の 主な目的地(町/駅名)が表示されます。

目的地が表示されていれば、そのバナーを選択します。

ここで 目的地の名前が表示されていない場合には、右下のバナー「AUTRE(その他)」をタッチします。

画面では、今回の目的地「エヴルー」が、「ÉVREUX NORMANDIE」として表示されていますが、(以下の画面を表示させたいので)あえて「AUTRE(その他)」を選択しました。

 

 

▲ すると、画面にキーボードが現れます。
これを使って「行先名」を入力します。

また、ほとんどの画面で共通しますが、最下部の左側にある2つのバナーは、操作をやり直したり、前画面に戻る場合にタッチします。

・「ANNULER ET REVENIR À L'ACCUEIL」キャンセル し ホーム へ 戻る
・「RETOUR」(一つ前の画面へ)戻る

 

 

▲ 文字を入力すると、候補の地名が表記されます。
ここでは、E、V と 二文字 入力した時点で「ÉVREUX NORMANDIE」のバナーが現れました。

「ÉVREUX NORMANDIE」のバナーをタッチします。

 

 

▲ Quand souhaitez-vous partir ?(いつ出発したいですか?)と聞いてきますので、カレンダー上の出発希望日をタッチします。

ここでは、翌日の12月23日(土)を選択します。

 

 

▲ 続いて、出発希望時間帯を選択します。

 

 

▲ Quel trajet souhaitez-vous ?(どのような行程にされますか?)と聞かれます。

「片道切符のみ」を購入する場合は、左のバナー「ALLER SIMPLE」をタッチします。
「往復分の切符」を買いたい場合は、右のバナー「ALLER RETOUR」を選びます。

ここでは、「片道切符」を 選択します。

 

 

▲ Quel confort souhaitez-vous ? (クラス〈快適さ、設備〉はどうされますか?)の問いかけに対し、乗車するクラスを選択します。

「1等車」に乗る場合は「1ERE CLASSE」を、
「2等車」に載る場合は「2NDE CLASSE」のバナーをタッチします。

 

 

▲ 続いて、Combien y-a-t-il de passagers ?(何人の乗客がいますか?)と問われますので、人数をタッチします。

右端にあるタイル「Passagers avec animal / Vélo」は、動物を連れていたり、自転車を持ち込む場合に選択します。

 

 

▲ Quel âge avez-vous ?(何歳ですか?)と、年齢を聞かれますので、該当する年齢範囲のバナーをタッチします。
歳を聞いてくるのは、年齢によっては 割引が適用されるためです。

 

 

▲ Avez-vous une réduction ou un abonnement ?(割引や契約はありますか?)と、その他の 割引適用の有無についての 問いかけですが、
通常は 一番上の「PAS DE REDUCTION」(割引なし)をタッチします。

 

 

▲ Sélectionnez votre prix pour l'aller (そこへ行くための価格を選択してください。)の文言と共に、選んだ日時の候補となる 列車(行程)が表示されます。

表示された候補の 前後の時間帯の列車を表示させたい場合は、画面下部にある
「< TRAINS PRECEDENTS」(その前の列車)や、
「TRAINS SUIVANTS >」(その次の列車)のタイルをタッチします。

上の画面を詳しく見るため、赤い枠部分を拡大したのが下の画像↓です。

 

 

▲ 4つの候補行程が表示されていますが、「19.00€」と 価格表示されているのは2段目の1つだけです。

右側に価格が表記されず「Train complet」となっているのは「満席」ということです。

本来はここに、各行程ごとの価格が表示され、選択することができるのですが、この日のこの時間帯では、2段目の行程しか、チケット購入ができないということになります(他は満席です)。

注目していただきたいのが、
2段目の行程の 所要時間が1h16(1時間16分)と、他の3行程(57~58分)と比べ時間がかかっている点です。

その行程の詳細を見ますと
「1correspondance : INTERCITES > TER」と記されています。
「乗り換え1回:幹線特急 → ローカル急行」ということです。

他の3行程は 全て
「Direct : INTERCITES」と記されています。
「直通:幹線特急」ということです。

つまり、所要時間も短く、直通で(乗り換えなしで)向かうことのできる行程の方が 当然人気があり、早くに満席になってしまったと 考えられます。
しかも 12月23日(土)は 学生さんたちをはじめ 多くの方の クリスマス休暇の初日にあたったため、混みあっていたのかもしれません。

SNCF の ウェブサイト で 前もって時刻表を確認していた 私は、本来、3段目の行程「8h43発」の列車に乗ろうと考えていたのですが、この時点で 希望する列車が満席と知り、仕方なく 途中での乗り換えが必要な 2段目の行程のチケットを購入することにしました。

「19.00€」と表示されたタイルをタッチします。

 

 

▲ 選択した行程の詳細が表示されます。
Détail de votre voyage aller du Samedi 23 Décembre (12月23日土曜日の旅程詳細)

08h19 PARIS SAINT LAZARE
↓  INTERCITES 13103 / 2nde cl.
↓  🕑 0h32
08h51 MANTES LA JOLIE GARE
   14 min. de correspondance
09h05 MANTES LA JOLIE GARE
↓  TER 51111 / 2nde cl.
↓  🕑 0h30
09h35 ÉVREUX

8時19分発のアンテルシテ(幹線特急)で、マント・ラ・ジョリー駅(MANTES LA JOLIE GARE)へ行き、14分間の 乗り換え時間 を経て、ローカル列車に乗り換え エヴルー(ÉVREUX) へと向かう行程です。

内容を確認し、よければ右下のバナー「CONTINUER 19.00€(続ける)」をタッチします。
別の行程に 選択し直したい場合は、「RETOUR(戻る)」をタッチします。

話はそれますが、2017年12月より日本で上映されている(上映された)、カトゥリーヌ・ドゥヌーヴ(Catherine Deneuve)さん主演の映画『ルージュの手紙』(フランス語 原題:La Sage Femme)の舞台となっている町が、この行程での乗換地「マント・ラ・ジョリー」のようです。

「マント・ラ・ジョリー」って、あまり馴染みのない地名だったものですから「小ネタ」をちょっと・・・。

 

 

▲ 画面の文字が飛んでしまって見えず、申し訳ありませんが、
ここでは 左のバナー「OUI」(はい)を選択します。

右のバナーは「REVENIR AU CHOIX DU TRAIN」(列車の選択へ戻る)です。

 

 

▲ こちらも画面の文字がボケてしまい申し訳ありません。
「Votre panier」は「買い物かご」です。ネットショッピング等をした時と同じですね。

現在、「買い物かご」の中に、この行程の「19.00€の切符」が 1枚入っていますよ。ということです。

(文字が読めませんが)右下のバナーをタッチします。

 

 

▲ Renseignez vos informations (あなたの情報を提供してください)
Les informations ci-dessous nous permettent de rééditer votre billet sans frais en cas de perte.(下の情報は 紛失した際に 無料でのチケット再発行を可能にします。)

・・・とありますが、時間がかかりそうなので、ここは省いて何も入力せず、右下のバナー「CONTINUER(続ける)」をタッチします。

 

 

▲ 前の画面の続きです。
「携帯電話の番号」や「メールアドレス」を入力する画面ですが、ここも省いて何もせず、右下のバナーをタッチします。

 

 

▲ Insérez votre carte de paiement (支払い用のカードを挿入してください)
Prix total 19.00€ (合計価格 19 ユーロ)

ここで画面の右隣にある「カード読み取り機」にクレジットカードを挿入します。
画面上のイラスト通り、「ICチップ付きのカード」での利用となります。

画面右側に、
VEUILLEZ SUIVRE LES INSTRUCTIONS SUR LE LECTEUR DE CARTE
(カード読み取り機 の 指示に従ってください)
とありますように、カードの挿入後は、この画面ではなく「カード読み取り機」の指示に従います。

「カード読み取り機」の 最初の表示は
CHOIX LANGUE ? (選択言語は?)
fr         (フランス語)
です(機械によって異なるかもしれません)。

テンキーの右下にある、緑色の「V」ボタンを押します。
「V」は Valider(有効と認める・承認する)ボタンです。

すると、
19.00 EUR  (19ユーロ)
SAISIR CODE (コードを入力する)
と表示されます。

ここで、金額を確認のうえ 暗証番号を入力し、緑色の「V」ボタンを押します。

CODE BON (暗証番号よし)と表記されればOKです。

RETIRER CARTE (カードを取り出す)
で、カードを忘れず引き抜いてください。

 

 

▲ 切符(チケット)が発券されました。

チケットの最上段に、
BILLET à composter avant l'accès au train. Présence à quai obligatoire 2 mn avant départ.(列車に向かう前にチケットに刻印を。ホーム近くで、必須です、出発2分前に)

とありますように、出発前、チケットに「刻印/コンポステ(Composter)」することを忘れないようにしましょう。

駅のホームに入る手前などに、「compostage de billets」と書かれた、黄色い 刻印器 がありますので、乗車する前、そこにチケットを挿入して ガチャン!(最近の音は ジジジッ) とやります。

これを し忘れてしまうと(検札で見つかると)、高額な罰金が課せられますので 注意が必要です。

実は私、この時ではないのですが、一度、コンポステをし忘れたことがあります(最近です)。
その時のことは またいつかお話ししますね。

2020年07月23日